BLOG

夏場にメロンを栽培していたハウス

夏場にメロンを栽培していたハウスです。栽培終了後、ホワイトソイルクリーンによる太陽熱・発酵熱土壌処理を行いました。

栽培後に土壌に残る残渣、残根の分解促進、有害微生物、線虫の駆除、土壌微生物相の改善等により、充分な休閑期間が確保できない場合でも土壌環境を良好に保つことができます。
処理後は次作の葉物栽培に向けて木材屑発酵堆肥、土こうじ、有機質発酵肥料を散布して耕耘しました。土と土の間に堆肥が混ざることによって適度な隙間が生まれ、通気性、排水性の良い土壌になります。

  

Category

Archive