BLOG

東近江氏菜の花館-圧力だけで抽出する希少なこだわり菜種油の油粕を肥料に

先日、滋賀県の愛東町にある菜の花館さんへ伺ってきました。
菜の花館さんでは無農薬で育てた菜花の種を採取し圧搾による菜種油の製造、販売を行っております。
通常菜種油は色々な工程を経て菜種から90%以上の油を抽出しますが、菜の花館では圧力だけで抽出するために30%ほどしか油が取れません。一見、効率の悪い圧搾抽出に見えますが、抽出に圧力しか使われていないため混じりっけなしの濃い菜種油に仕上がります。
そのため菜種の風味が強く、そのままサラダなど少しかけて食べても美味しくいただくことができます。また揚げ物で使うと食材がカラッと揚がり食感も味もが凄く良くなりとてもオススメな食用油です。
菜種を絞った後の絞り粕を以前はそのまま温風で乾燥して肥料として販売されていたのですが、その乾燥を依頼していた業者さんがやめられてしまい、何とか自分達で製造できないかと相談をいただき菜種油粕の肥料化を6年ほど前からお手伝いさせていただきました。
温風で乾燥していたときよりも素材の良さを出すため菜種中のタンパク質をバイムフードで発酵分解させアミノ酸化させる方法で肥料を仕上げています。
高温で熱を加えるとタンパク質が固まりアミノ酸まで分解されませんが、微生物の分解力を使うとアミノ酸まで分解されやすくなり肥料に特徴が生まれます。
アミノ酸の状態で作物に吸収される事により美味しさが加わり甘味や、美味しさが格段に上がります。また分子量も小さく裁断されるため肥料の吸収率も高まります。
最近ではお茶処で有名な政所での使用量が増えてきているようで、お茶の風味、味が良くなったと評判の様です。
菜種油、菜種油粕肥料の他にも色々な資材の販売をされているのでご興味がある方は下記までお問い合わせください
黒木
————————————
お問い合わせ
愛のまちエコ倶楽部
滋賀県東近江市妹町70番地
0749-46-8100
npo@ai-eco.com
————————————