BLOG

ナス、万願寺とうがらしの栽培に向けて施肥を行いました

ナス、万願寺とうがらしの栽培に向けて施肥を行いました。
使用した肥料は弊社製造の高級粒状、鶏糞粒状、真農2号です。

定植するベッドの真下に溝を切り、肥料を入れてから埋め戻します。これは溝施肥(待ち肥)と言い、追肥が必要になる一番果収穫時期に根が待ち肥に届くようにするものです。

  

Category

Archive